ピラミッド山!東北のピラミッド!探し登った富士の山々

hamadas2.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 06日

宮城県:函倉山

e0108900_2124288.jpg


愛子小学校の前、国道48号線沿いにある見事な四角錐のピラミッド山である。
歴史作家鈴木旭先生が同行し超古代史レポートとして、月間誌ムーに掲載紹介されたものである。
タイトルは、驚異の正四角錐ピラミッド「函倉山」の謎・忘れられた縄文時代最古の祭祀空間を発見!とある。
ここは五つ森とか白沢五山とも言われる。大森、小塚、岩俵、前山、函倉山の五つである。
形のいい山で一度は登って見たいとは思っていたが、このレポートを見て驚きすぐ鈴木先生の足跡をたどってみた。CGを使って昔の函倉山を再現しておられたが、見事なピラミッドである。
私のコメントより、是非、ムーNo300号(学研発行)の月刊誌を読んで見られることをお勧めする。
この写真は、国道からではなく、熊ヶ根台地の広瀬川に合流する青下川の野川遺跡(石器貯蔵庫)近くから撮ったものである。野川遺跡は、日本最古で、縄文草創期(約1万年前)と言う。出土した土器が、トップページの高畠町の遺跡の紋様に酷似していることから、1万年前には、もう既に宮城愛子と山形高畠の往来があったと推定される分けである。
奥社のご神体は山神、脇に天照皇太神と古峯神社が合祀されていた。
[PR]

by yo-hamada2 | 2007-01-06 21:23 | ピラミッド山


<< 宮城県:太白山      宮城県:七つ森一つ、遂倉山(と... >>