ピラミッド山!東北のピラミッド!探し登った富士の山々

hamadas2.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 06日

秋田県:黒又山(クロマンタ山)

e0108900_2140080.jpg

鳥谷幡山が描いたクロマンタ山上空の謎の絵!発光体はUFOか?
e0108900_14191011.jpg

秋田県大湯のストンサークルから2Km先に黒又山(クロマンタ山)がある。
四角錐で、その下には巨石が存在すると言う。
人工で、しかもレーダーでは階段状のピラミッドであると言われている所である。(当然ながら懐疑的な立場の方々もおられる。)
ストンサークルの石は、青色の平均30Kg、最大で200Kgもあるもので、ここから6Km 離れた場所から運ばれている。祀りか、祈りか、墓か、未だに謎である。このクロマンタ山と関連性を指摘されている。
ピラミッドも同じ効果があったのでは!という人達もいる。
この上空にUFOのようなものを描いた酒井の友人の鳥谷幡山の絵も存在する。
このクロマンタは、学術的に調査されているが、解明は先のようである。
地元の方々による看板には、その由来が書いてある。
蝦夷地という事からして、クルは神、マクタとは野の事、キシタとは山の事。
クル・マクタ・キシタ(=神・野・山)=クルマクンタ=クロマンタ=黒又山と呼ばれるようになった・…といわれている。
何時の日か、黒又山の腐葉土や土や木が除かれ、階段状のピラミッドが姿を現してくれるのではないかと期待するのである。世紀の大発見となるのは間違いなく、エジプトのピラミッドの謎も、日本のピラミッド山から伝播したと言う酒井説も解明される事になるのではないだろうか?
[PR]

by yo-hamada2 | 2007-01-06 21:39 | ピラミッド山


<< 青森県:十和利山      岩手県:岩木富士(岩木山) >>