ピラミッド山!東北のピラミッド!探し登った富士の山々

hamadas2.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 22日

岩手県花巻市台温泉・羽山ピラミッド

岩手県は花巻温泉の奥に位置する台温泉郷にある。
地域のシンボルとなっているこのピラミッド型「羽山」が恵み多き作神として人々の篤い信仰を集めて来た様である。花巻台温泉を見守るように聳え立つ。
ピラミッド型の山は里の実りを約束してくれるが如くであるが、ご多分に漏れずここも作神といわれる信仰対象の山である。
e0108900_21385822.jpg

e0108900_21392051.jpg

麓の羽山神社のご神体はこの羽山の頂上にある。
e0108900_2139492.jpg

羽山神社は花巻城主の祈願所でもあり、士籍にある者が名家を相続する場合は、必ずここに詣で、武運の長久を祈願したという。
e0108900_2143926.jpg

登り口は神社境内の碑の右からである。
e0108900_2141047.jpg

ここと、羽山神社200m程手前の花巻病院前から登るルートがある。
登り道路も綺麗に整地されどなたも楽に登ることが出来る。
[PR]

by yo-hamada2 | 2009-06-22 21:37 | ピラミッド山
2009年 06月 22日

岩手県花巻市花巻南温泉郷高倉温泉地・高倉山(例外掲載)

12号線を志戸平温泉~大沢温泉~高倉温泉~鉛温泉に至る途中の高倉温泉地の左手に奇妙な形の高倉山が見える。
「鉛温泉スキー場」がこの高倉山である。
この山を直接登るには急すぎる。スキーコースのように左側からグルッと回り込むように登る。
最後の頂上付近は雑木と藪で拒まれどうしても極める事は出来なかった。麓で古老に聞いたが頂上には何も無いと言う。
e0108900_21342045.jpg

ピラミッド型といえばそうも見えるがそれにしても奇妙な形である。
途中から見上げると綺麗な三角形に見える。
e0108900_21355680.jpg

下界を見渡せば周りは木々で一杯で、里村がちっぽけに点在している。
e0108900_21362864.jpg

[PR]

by yo-hamada2 | 2009-06-22 21:31 | ピラミッド山
2009年 06月 22日

秋田県大仙市・神宮寺岳

13号大曲バイパスの雄物川川岸に立つピラミッド山である。
遠くからもその秀麗な三角形の山が見ることができ人目を引く。
登り口は雄物川側から。
e0108900_6331446.jpg

登り口には副川神社跡鳥居が立っている。
e0108900_6343420.jpg

北側から
e0108900_21235936.jpg

回り込んで、北西側から・・・綺麗な三角形をしている.
e0108900_21244519.jpg

頂上には嶽六所神社がある。
e0108900_6364267.jpg


大仙市:神宮寺フィールドワークによると、
「神宮寺岳(嶽六所神社)概要: 神宮寺岳は大仙市神宮寺にあり、雄物川川岸から聳え立つ秀麗な山として古来から信仰の対象となっていました。俗に言う神奈備と呼ばれる紡錘型の山で大宝年間に「延喜制式内社」の1つ副川神社が建立されました。その後、副川神社は修験の対象にもなり観音信仰や熊野信仰と地名の名前の由来となったように神仏混合しました。江戸時代に入ると4代藩主佐竹義格によって副川神社は領内三国社(他に保呂羽山波宇志別神社と御岳山塩湯彦神社があります。)として再興されますが、藩の政策で現在の八郎潟町の高岳山へ遷座させます(高岳山は聖地で久保田城の鬼門にあたる為とも言われる)。神宮寺岳頂上付近には嶽六所神社、里宮には八幡神社が残り、現在でも信仰の対象となっていて、例祭には20本近くの梵天が神宮寺岳山頂へ奉納されます。」とある。

又地図を開くと分かるが、この神宮寺岳から10kmほどの南下した所に「勝軍山」なる山があるが、「酒井勝軍」と関係あるかと2時間ほど探し回ったが全く彼とは無関係であったので為念。超残念。
.
[PR]

by yo-hamada2 | 2009-06-22 21:21 | ピラミッド山