ピラミッド山!東北のピラミッド!探し登った富士の山々

hamadas2.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 01日

福島県只見町 蒲生山(会津のマッターホルン)

252号線沼田街道只見川沿いの只見川温泉郷にある。湯倉~大越~滝沢温泉を過ぎると、左の裾野の稜線が綺麗に見える山が見えて来る。それが蒲生山である。橋の上からの逆さ富士は絵のようである。         東側から
e0108900_17353384.jpg

                             川面の写る蒲生山
e0108900_1736176.jpg

                             登り口は看板と共に見えてくる。
e0108900_17364386.jpg

                          西側に足を延ばせば急峻な山に変わる。
                          まさに、会津のマッターホルンと言われるゆえんだろう!
e0108900_17411424.jpg

さて登山コースは「久保登山口コース」が一般的であるようだ。
岩場を登ったりするが鎖やロープなどが設置してあり手入れがよく気持ちよく素人の私でも意外にスムースに登れる山である。
途中に、「衝立磐」やかつて岩の間から松ノ木が鼻毛の様に顔を出していた事からこの名がついた「鼻毛通し岩」などがある。近くで見る巨岩も又迫力がある。又、地元の方が途中まで下りて確認した「風穴」などもある。
                             鼻毛通し岩
e0108900_173861.jpg

                             頂上 
e0108900_17383967.jpg

行くには若干遠いが、通り過ぎるには惜しく見上げればどうしても登りたくなる山である。
登った後は「只見温泉保養センター」にて温泉を楽しまれるといい。
又5月初旬前後はカタクリの花が山麓一面に覆うそうだからこの頃が良さそうだ。
[PR]

by yo-hamada2 | 2009-10-01 17:34 | ピラミッド山
2009年 10月 01日

福島県西会津町新郷大字富士字泥浮 富士山

日本三富士として名前もそのものズバリ、『富士山』である。
e0108900_17273737.jpg
e0108900_17274951.jpg
磐越道西会津で下車118号線上野尻から右折し笹川方面に出る。その後338号から西会津消防団屯所を曲がると直ぐに登山口が現われる。
泥浮方面から行くと早いかもしれない。
e0108900_17282562.jpg
登り口は一軒の家前からである。
e0108900_17293684.jpg
頂上には常夜灯2基と祠がある。
e0108900_17332217.jpg

[PR]

by yo-hamada2 | 2009-10-01 17:26 | ピラミッド山
2009年 10月 01日

福島県東白河郡棚倉町大字祝部十上沢 小富士山

小富士山の浅間神社鳥居が有り、後ろに形のいい三角山が出迎えてくれたが、実はこれは小富士山ではない。
e0108900_17225454.jpg

登り口に至る入口である。
e0108900_17172054.jpg
これが本当の小富士山である。杉等の大木で面影ない小富士山遠景
e0108900_17181044.jpg
 杉林が林立しその雄姿を見ることは出来ない。頂上はマウンドになっている。
e0108900_17184446.jpg
昔は萱が植えられ萱山(萱富士)とも呼ばれたそうである。
沢があり古代のものであろう大木が化石となっている。
e0108900_17194726.jpg
地所は正式には十上沢というが、地元では十神沢と呼ぶ程信仰心に支えられた山なのである。
この山の50m先には7つほどの金鉱が、そして登り口に至る入り口の前山は炭鉱であったという珍しい土地である。
近くでは遺跡などが発見されているが比較的新しいものと言っておられた。
尚ついでであるが、小富士山の西北3km弱の武鉾山がこれは単独ピラミッド峰である。
武鉾山・・・(「岩石祭祀の実例」を検索)


e0108900_17202824.jpg

[PR]

by yo-hamada2 | 2009-10-01 17:14 | ピラミッド山